タイムテーブル パーソナリティ 特別番組 新番組 ブログ&メールとリクエストフォーム ライブ&イベント インフォメーション リンク トップページヘ戻る
ラジモット
Dr'sコンサルティングプログラム
あおもり・ふぁん
ELMAGA+
はいうぇい人街ネット青森
クロタキ不動産Radio Life Station
イオンタウンTIME to Shine!
おはなしきかせて!えんちょうせんせい!
桜庭和のモーニングローリー
チャレンジ川柳!むさし流!
産地直送旅番組 津軽へ行こう!
ブライダル・ジュエリー・ナビ
あ・い・こ・と・ば

◆アオモリレイションとは?…「Aomori」 「Relation」 を組み合わせた造語。

音楽を通じて 『青森から復興の輪をつなげよう!』 の意味を表します。
東日本大震災から5年半。被災地の情報が年々少なくなっている実情…しかし、復興の歩みは遅く、支援を必要としている方々が未だに沢山います。
記憶を風化させない為にも、当イベントを今年も継続して行きます。
エフエム青森では、2011年から継続して東日本大震災復興支援チャリティ・ ライブイベントとして実施してきました。
また、今年は4月に発生した熊本地震の被災者への支援も行います。

☆公開録音日     2016年12月 4日(日)15:00〜17:30
☆特別番組放送日  2016年12月25日(日)20:00〜20:55

 



◆アオモリレイション・チャリティLIVE…これまで出演した実力派ミュージシャン
佐藤竹善、SING LIKE TALKING、坂本サトル、EPO など、本県出身ミュージシャンや、3.11の震災復興に関わりの深い実力派アーティストにもイベント趣旨に賛同を頂きました。
◆記憶を風化させない。復興支援の継続を!

※チャリティ募金は、南相馬ファクトリー(福島県の南相馬市と双葉郡にある8つの福祉作業所)他、復興支援として寄付。
※つながり∞ふくしま缶バッジ
※一昨年からは、3.11の震災によって親を失った子どもたちを、青森から支援するプロジェクト「tovo/トヴォ」とのコラボ企画でチャリティーグッズを制作・販売し、長期的な子ども達の心のケアの為、「あしなが育英会」へ継続的に寄付を。
※今年は4月に発生した熊本地震への支援も行います。

「tovo/トヴォ」…http://tovo2011.com/

◆チャリティ・ライブ2016実施要項
☆会   場 青森県観光物産館アスパム 2階「青い森ホール」
☆実施日時 12月4日(日)14:30開場、15:00開演、17:30終演
☆放送日時 特別番組…12月25日(日)20:00〜20:55 
☆入場方法 抽選で250名様をご招待(入場無料)
◆チャリティ・ライブ2016 SPECIALゲスト
佐藤竹善 中田裕二
【佐藤竹善 プロフィール】
SING LIKE TALKING のボーカルとして'88年にデビュー。'93年『Encounter』、'94年『Togetherness』の両アルバムはオリコン初登場1位。現在まで13枚のオリジナル・アルバムを発表、総売上300万枚以上を記録している。その活動と平行して'95年に発表したカバーアルバム『CORNERSTONES』から本格的にソロ活動開始。’07年リリース『INDIGO』は、雑誌『ADLIB』によるアドリブ・アワード2007の国内グランプリを受賞。2013年に25周年を迎えた SING LIKE TALKING の集大成となるオールタイムセレクションアルバム、『Anthology』を、2015年2月にリリース。『SING LIKE TALKING “The Sonic Boom Tour 2015”』・『SING LIKE TALKING Premium Live 27/30 シング・ライク・ストリングス』を行い、15,000人以上を動員。
その他、多数のアーティストのレコーディング参加、楽曲提供やプロデュースなども行い、高い評価を受けている。
2015年7月には、佐藤竹善初のオールタイムセレクションアルバム、「3 STEPS & MORE」・12月には「Your Christmas Day V」をリリースし、好セールスを続けている。
2016/08/06 (土) 日比谷野外音楽堂、08/13 (土) 大阪城野外音楽堂で、SING LIKE TALKING、28年目のキャリアにして初となる野外での単独のライブを、ホーン・セクションをフィーチャーして行い、SING LIKE TALKING デビュー 30 周年に向け、ますます精力的な活動を行っている。

【中田裕二 プロフィール】
1981年生まれ、熊本県出身。
2000年にロックバンド「椿屋四重奏」を宮城県仙台市で結成、フロントマンおよびすべてのレパートリーのソングライターとして音楽キャリアを本格的にスタート。
「紫陽花」「恋わずらい」「いばらのみち」に代表される、ロックバンドの枠にとらわれないスケール感と個性あふれる楽曲で人気を集めるも、2011年に突然の解散。
解散直後の2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災地/被災者にむけて作られた「ひかりのまち」を震災直後に発表(収益は義援金として寄付)、これを機にソロ活動へ。
1stアルバム「ecole de romantisme」(2011.11)以降、年1作のペースで新作を発表。
さらにカバー曲をレパートリーの中心としたアコースティック・ライブプロジェクト<SONG COMPOSITE>(2009〜)、そこから派生したカバーアルバム「SONG COMPOSITE」のリリース(2014)。
期間/テーマを限定しない弾き語りライブツアー<中田裕二の謡うロマン街道>(2014〜)やアコースティック・トリオ<中田裕二 trio saloon>としてのライブ(2015〜)など勢力的に活動を展開している。
◆チャリティ・ライブ 実施日時(公開録音ライブ)
☆会   場:青森県観光物産館アスパム 2階「青い森ホール」
☆実施日時:12月4日(日)14:30開場、15:00開演、17:30閉演
☆放送日時:特別番組…12月25日(日)20:00〜20:55
☆入場方法:抽選で250名様をご招待(入場無料)往復ハガキにて応募
☆締め切り:11月14日(月)必着
☆お問い合わせ エフエム青森 017−735−1181
(受付:平日9:30〜17:30)
◆応募方法◆
日本郵便で販売している往復ハガキを使用してご応募下さい。
入場整理券は返信欄にイベント詳細を印刷した返信ハガキをお戻しする形になります。
抽選で250名をご招待します。外れた方にも返信ハガキでお知らせします。
入場整理券は1枚につき2名までのご入場となります。

往復はがき 往信見本


往復はがき 返信見本