青森県eスポーツ協会

 

対戦型のコンピューターゲームを競技として行うeスポーツ。

 

 海外では、巨額の賞金をかけた大会が開かれ、多くの若者たちが選手の妙技に熱狂していますが、日本での認知度は低いのが現状です。いわば停滞する日本の状況を尻目に、eスポーツはスポーツの祭典であるアジア大会の正式競技に採用されることが決まり、オリンピックでの採用を目指す動きも始まっています。
こうした状況を踏まえて、ゲーム機やソフトの開発で世界をけん引してきた日本でも、競技としての確立を目指す取り組みが本格化してきました。
 
 さらに国内では、いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会実行委員会、ゲームメーカーやメディア関係などで構成する「“eスポーツ in IBARAKI”実行委員会(仮称)」と日本eスポーツ連合(JeSU)は昨年5月22日、今年2019年秋に「都道府県対抗eスポーツ大会」を開催すると発表しました。 
「いきいき茨城ゆめ国体(第74回国民体育大会)」と「いきいき茨城ゆめ大会(第19回全国障害者スポーツ大会)」に合わせて実施するもので、協会では都道府県対抗として実施される国民的なeスポーツ大会は全国で初めての試みとうたっています。 
 大会は、国民体育大会にならい47都道府県の代表により競われます。
2019年春より各都道府県で予選会を行い、2019年秋に茨城県内において決勝大会を行う予定です。
また開催に先立ち、2018年9月には茨城国体の開催1年前イベントとして、茨城県内から参加者を集う「プレ大会」の実施も発表しました。 

 eスポーツの種目は、KONAMIのサッカーゲーム「ウイニングイレブン」シリーズのほか、eスポーツの認知拡大を図るため、他タイトルの採用も検討中としています。 
 青森県eスポーツ協会では、青森県においてもeスポーツの普及を促進し、海外・国内からも誘客を図れるようなメッカになることを目指し、いち早く大会に着手していきたいと思います。

協会のミッション

1. eスポーツ大会の開催

■運営事業予定
 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI
 ウイニングイレブン 青森県代表決定戦 6月9日

2. eスポーツの普及・啓発

■後援事業予定

3. eスポーツを通じたIT人材育成

役員

Instagram 青森県eスポーツ協会